ノコギリヤシ

ノコギリヤシ

ノコギリヤシは北アメリカの南東部に生息するヤシ科の植物です。葉がノコギリのような形をしていることから、ノコギリヤシと名付けられました。

ノコギリヤシは、中国では古くから実の部分が泌尿器病の治療薬として用いられてきた、歴史の深い植物でもあります。

ノコギリヤシの実は、潰して乾燥させたり、実全体をそのまま利用したりと、活用法はさまざまで、カプセル、エキス、錠剤と、形状の種類も多く、お茶も販売されています。

ノコギリヤシの効果

前立腺肥大による排尿困難の改善

以前は、泌尿器病に良いとして活用されていたノコギリヤシですが、現在はその効果を実証するまでの科学的根拠が少ないとされ、期待はできないとの見方がされています。

ノコギリヤシでは前立腺肥大そのものを改善することは期待できませんが、それに伴う排尿困難については改善できるのではないかとの見方がされています。

前立腺肥大による排尿困難の改善

ノコギリヤシは、民間療法として前立腺肥大、膀胱障害、前立腺がんなどの治療に使用されていますが、科学的根拠が少なく確実に効果が得られるとは限りません。

しかし、前立腺の肥大に伴う排尿痛や利尿作用、抗炎症作用については期待できるとの見方がされているようです。



サプリメントの紹介

小林製薬 ノコギリヤシ


小林製薬 ノコギリヤシ 60粒

1日の摂取目安量は2粒。320mgのノコギリヤシエキスを摂取することが可能です。その他抗酸化ビタミンであるビタミンEも含まれています。

ノコギリヤシの安全性

ノコギリヤシは適切に用いれば長期的な使用でも安全と考えられています。しかし胃の不快感や腹痛、下痢、便秘といった消化器症状、頭痛、鼻炎といった副作用がまでに起こる可能性があります。

妊娠中・授乳中

胎児や乳児が男児だった場合、生殖器に障害をもたらす場合があり危険です。サプリメントを含め、ノコギリヤシの摂取は控えましょう。

禁忌

ノコギリヤシの摂取を中止したことによって改善が見られた症例があることから、病気の症状を悪化させたり、薬の効果を強めたり弱めたりする可能性は否定できません。

また、ノコギリヤシの摂取によって前立腺がんの発見が遅れるというリスクもあります。ノコギリヤシには過剰な期待をせず、適正量を守って使用することが大切です。

持病があったり服薬をしていたりする人は必ず医師や薬剤師に相談してから使用を検討しましょう。

参照リンク

「健康食品」の安全性・有効性情報
https://hfnet.nibiohn.go.jp/contents/detail70.html

「統合医療」情報発信サイト ノコギリヤシ
http://www.ejim.ncgg.go.jp/pro/overseas/c04/41.html

健康・栄養フォーラム 健康影響評価:ノコギリヤシ
http://www.nibiohn.go.jp/eiken/hn/modules/pico/index.phpcontent_id=284&page=print.html

栄養カウンセリングOlive代表。管理栄養士です。

病院勤務を経て独立。健康系の記事の執筆を中心に活動しています。

All About食事ダイエットガイドとしても活動中。