調理の基礎まとめ〜これってどれくらい?

調理の基礎まとめ〜これってどれくらい?

レシピを見ていると、塩少々、ひたひたの水など、曖昧な表現に出会って困ったという経験はありませんか?

適当なさじ加減でも、もちろん料理を作ることはできます。しかし、実際には事細かに量が決められているということがわかり、料理の美味しさにも影響するのではないかと感じましたので、今回まとめてみることにしました。

今回は、塩の測り方、水加減、火加減についてお伝えします。

塩の手ばかり

塩は、計量スプーンを使うほど多く使うことはほとんどありません。ほとんどのレシピが少々、適量となっています。

塩少々…2本の指でつまむ。約1g。

塩ひとつまみ…3本の指でつまむ。約2g。

適量は、自分の好みに合わせた量ということになると思います。



火加減

強火、弱火、中火とは言いますが、火の強さはどのようにして決められるのでしょうか。

強火…炎が鍋の底全体的にあたっている状態。

中火…炎の先端が鍋の底に少し当たるくらい。

弱火…鍋の底に当たらない火の強さ。

火加減によって、水分の蒸発量や時間、食品の火の通り具合が変わります。正しい意味を覚えて、美味しい料理を作りましょう。

水加減

野菜を煮るとき、煮物を作るときには、水加減が大切です。言葉の意味によって水の量が違ってきますので注意しましょう。

たっぷりの水…煮汁が材料の高さの倍程度。

かぶるくらいの水…材料が完全に水の中に入っている状態。

ひたひたの水…材料が水から少し頭を出している状態。

正しい意味を知ることで、食材の旨味を引き出し、美味しい料理を作ることができます。

下ごしらえや調味を正しい方法で行うことが、料理上手への第一歩ではないでしょうか。

栄養カウンセリングOlive代表。管理栄養士です。

病院勤務を経て独立。健康系の記事の執筆を中心に活動しています。

All About食事ダイエットガイドとしても活動中。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA