アルギニン

アルギニン

アルギニンは、たんぱく質を構成するアミノ酸の一種で、体の中で合成することのできる非必須アミノ酸に分類されます。

体の中で合成できるとはいってもその量は少なく、できれば毎日の食事からも補うことが理想的です。

子供では、成長に必要な量が作り出さないため、必須アミノ酸として分類されています。

アルギニンの効果

成長ホルモン分泌促進
免疫力を高める
勃起不全の改善
生活習慣病予防

成長ホルモンの分泌を促進する

成長ホルモンは脳下垂体から分泌されるホルモンです。名前のとおり、成長に関わるホルモンではありますが、実際にはそれだけではなく多様な働きをしています。

成長ホルモンの働きには、免疫力のアップ、創傷治癒、筋肉強化効果などが挙げられます。

アルギニンは小児において必須のアミノ酸とされていることもあり、成長のためには欠かせないものと認識されています。しかし、アルギニンを摂取することで背を伸ばす、成長ホルモンの分泌が多くなるというエビデンスは見つかりませんでした。

免疫力アップ

体内には貪食細胞のマクロファージという白血球があります。マクロファージは体の中に侵入してきたウイルスや細菌から身を守り、アルギニンにはこのマクロファージを活性化させる効果が期待されています。

子供を対象とした研究では、アルギニンの投与によって感染症予防に優位な効果が得られたとされ、傷の治りを早めたり、術後の感染を減少させたりする効果も期待されています。

勃起不全に対する有効性

まだ検討段階ではありますが、男性の生殖器の勃起不全障害への有効性が期待されています。

生活習慣病予防

アルギニンは、血管を拡張させる働きのある一酸化窒素を作ります。一酸化窒素によって血管が拡張され、冷え性や動脈硬化、循環器疾患の予防をサポートしてくれます。

美肌効果

アルギニンには角質層を保湿する効果によって、肌のバリア機能を向上させて潤いを保つと期待されています。アトピー性皮膚炎、老化による乾燥も、アルギニン入りのクリームによって改善が見られたと報告されています。

なお、肌の角層部分の天然保湿因子(NMF)の40%はアミノ酸です。アルギニンだけが保湿効果に特化しているわけではなく、プロリンやセリンといったその他のアミノ酸も美容に役立つそうです。

アルギニンを含む食品

ゼラチン、湯葉、鰹節、凍り豆腐、落花生

アルギニンはアミノ酸であり、たんぱく質を構成する成分です。そのため、アルギニンはたんぱく質を多く含む食品に含まれています。

サプリメントの紹介

NOW(ナウ) L-アルギニン&L-シトルリン


★送料無料 ★びっくり価格挑戦中Lアルギニン 500mg & Lシトルリン 250mg 120粒 《約60日分》NOW Foods(ナウフーズ) アルギニン シトルリン 送料込み
 

1粒あたりアルギニン500mgとシトルリン250mgを含んでいます。1日の摂取目安量は2粒。運動前や就寝前の摂取がオススメです。

アルギニンの安全性は?

アルギニンの長期摂取に関しての安全性は確認されていませんが、3ヶ月までの継続摂取は安全とされています。

有害事象として、腹痛、下痢、鼓腸、痛風が報告されており、気道炎症といったアレルギー症状が起こる人もいます。

妊娠中・授乳中

短期間の適切な摂取は安全とされていますが、長期間では安全性は確認されていません。

禁忌

アレルギー体質、喘息、肝硬変患者は、アルギニンの使用に注意が必要です。心筋梗塞の既往がある人は、サプリメントとしてアルギニンを摂取することはできません。バイアグラとの併用で低血圧が起こる可能性があるので注意しましょう。

参照リンク

「健康食品」の安全性・有効性情報
https://hfnet.nibiohn.go.jp/contents/detail601.html

グリコパワープロダクション
http://cp.glico.jp/powerpro/amino-acid/entry12/

アルギニン  パラドックス
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/119/1/119_1_7/_pdf/-char/ja

アミノ酸大百科
https://www.ajinomoto.co.jp/amino/himitsu/biyou.html

栄養カウンセリングOlive代表。管理栄養士です。

病院勤務を経て独立。健康系の記事の執筆を中心に活動しています。

All About食事ダイエットガイドとしても活動中。